内臓脂肪 薬

内臓脂肪が増えるとどんなリスクが高くなる?

 

皮下脂肪の場合は溜まってくると見て分かりますし、指でつまむことが出来るので気づきやすいのですが、内臓脂肪の場合、一見普通の体型や細い体型だとしても溜まってしまっているということも少なくありません。

 

基準値内の内臓脂肪量であれば特に問題はありませんが、大量に内臓脂肪が蓄積されてしまっていると、生活習慣病の発症リスクが上昇してしまいます。ですので内臓脂肪がたまらないように普段から対策をしておく必要があります。この内臓脂肪が増えてしまっている影響によって分泌されやすくなるものと、反対に分泌されにくくなるものがあります。

 

●アディポカイン
脂肪細胞から作り出されており、血管を修復する働きを持っているのがアディポカインです。内臓脂肪が増えすぎてしまうと、アディポカインの分泌量が少なくなってしまって、動脈硬化などの発症リスクが高くなります。

 

●TNF-α
インスリンの阻害をする働きをもっている物質です。この物質は内臓脂肪が蓄積されるのに比例して作られやすくなります。TNF-αによってインスリンの働きが低下してしまうと、血糖値が上昇しやすくなり糖尿病に発展してしまう危険性があります。

 

●レプチン
レプチンは食欲抑制物質になっており、レプチンがしっかり分泌されていれば食事量も抑えることが出来ます。ですが内臓脂肪が蓄積されると、レプチンの分泌量が停滞してしまい過食気味になってしまいます。

 

●PAI-I
PAI-Iは血栓を溶かす働きをもっているプラスミンの阻害をする物質になっています。内臓脂肪が増えると、PAI-Iの分泌量が減り血栓が出来やすくなってしまうのですが、これによって心筋梗塞などを発症しやすくしてしまいます。

 

内臓脂肪に対してEMSベルトは有効?より効率よくダイエットするためには?

 

最近通販番組などで、EMSベルトが紹介されることが多くなりましたよね。芸能人でもEMSベルトを使って体を引き締めている人もいます。装着して過ごすだけで筋肉を鍛えてシェイプアップをすることが出来るため、多くの人が使用しています。

 

このEMSベルトは、ベルトから電気を流して筋肉を伸縮させます。伸縮させることで腹筋を鍛えていくことを目的にしたグッズになっています。電気を流すというと相当痛いのでは?と思われるかもしれませんが、微弱の電流ですから安心してください。

 

元々このベルトはダイエットや筋トレを目的にして作られたわけではなく、本来は入院などをして筋肉が衰えてしまっている人のために開発されました。そしてさらに開発されて、筋トレなどで用いられる商品として販売されるようになったのです。腹筋を鍛えることによって筋肉を鍛えることが出来るようになるだけではなく、内臓脂肪を減らしたり体力の向上効果が期待出来ます。

 

最近は腹筋だけではなく、二の腕などにも装着出来るEMSベルトも登場しているのですが、二の腕などの脂肪を減らして筋肉を増やしていくことによって基礎代謝を高めることが出来るため、コチラも内臓脂肪を溜め込みにくくしていくことが可能です。ただし最近は、EMSベルトが人気で粗悪品も出回っていることもありますので、購入前に口コミや効果などをちゃんと確認してくださいね。

 

またEMSベルトだけに頼るのではなく、きちんと食生活なども改善させていくようにしてください。そうすればより効率よく内臓脂肪をつきにくく、そして減らしやすくしていくことが可能になるのです。

 

内臓脂肪を運動で効率よく燃焼させるためには?

 

有酸素運動は脂肪燃焼効果があるということで知られているのですが、筋トレもしていくことで更に脂肪を燃焼しやすくすることが出来るようになります。色々な筋トレ方法があるのですが、ジムなどに通う場合は出費も大きくなりますよね。そんな時にはスロートレーニングをおすすめします。

 

スロートレーニングは自分自身の体重を活用していく方法ですので、ダンベルなどのような器具がなくても実践をすることが出来ます。さらに体重を活用していくため、関節などに掛かる負荷も軽減することが出来ることもおすすめの理由の一つです。スロートレーニングでもいくつかの筋トレ方法があるのですが、その中でもニートゥチェストとクランチをおすすめします。

 

大腰筋や腸直筋という筋肉に負荷をかけて、お腹周りの脂肪を燃焼していく筋トレ法をニートゥチェストと言います。そしてクランチは、腹斜筋と腹直筋という筋肉を鍛えて、お腹周りの脂肪を燃焼していくトレーニングとなっています。有酸素運動とスロートレーニングをしていくことによって、体力の向上が期待出来るようになるだけではなく、基礎代謝を高めることが出来るようになり、脂肪の燃焼効率を良くしていくことが出来るようになります。

 

なお運動をしていても食生活が乱れてしまっていてはダイエットの妨げになってしまいますので、肉料理はあまり食べないようにして、内臓脂肪の蓄積を低下させるEPAやDHAが豊富に含まれている青魚をしっかり食べるようにしましょう。

 

内臓脂肪を増やさないための食事中の工夫

 

日本も豊かになり飽食大国だと言われているのですが、必要以上にカロリーを摂取してしまって、内臓脂肪を溜めてしまっている人は非常に多いです。内臓脂肪を溜め込まないようにしていくためには腹八分目に押さえるようにしていかなくてはならないのですが、ついつい食べすぎてしまっていませんか?

 

過食してしまっている人の特徴として、早食いをしてしまっている人がとても多いです。早食いをしている=ほとんど噛まずに飲み込んでしまっているため、満腹中枢を刺激することが出来ず食べすぎてしまいます。ですので最低でも10回は咀嚼をしてから飲み込むようにしましょう。このようにしっかり噛むことによって満腹中枢を刺激出来るようになり、いつもよりも少ない食事量でも満腹感を感じれるようになりやすいです。

 

この他にも肉や野菜は大きめのサイズに切っておくといいでしょう。小さく切っているとボリュームが小さく見えてしまいがちになり、物足りなく感じてしまいやすいのです。この他にも食べている時に水やお茶を飲んでいるという人も多いのではないでしょうか?この時の水分補給を炭酸水にしてみてはいかがでしょうか?

 

炭酸水は膨張感を感じさせてくれますから、満腹になりやすくすることが出来ます。なお炭酸水でも糖分がたくさん含まれているものだと意味がなくなってしまいますから、無糖の炭酸水を飲むようにしてくださいね。普段からこのような食事をしていくことで、腹八分目でもしっかり食べたように思うことが出来るでしょう。

 

内臓脂肪対策に果物と野菜がいい理由はコレ!

 

健康的な生活をしていきたいのであれば、しっかり野菜を食べるといいとって言われていますよね。実際に1日に350g以上は野菜を食べるようにした方がいいと厚生労働省も発表しています。この他にも農林水産省の場合は、果物を毎日200g摂取して運動をした方がいいとされているのですが、どうして野菜や果物を食べるように推奨されているのでしょうか?

 

まず野菜というのは内臓脂肪を蓄積しすぎないように対策をしていくことが期待出来ます。例えばきゅうりやトマト、レタスなどのように生の状態でも食べることが出来る野菜というのは、消化酵素であるリパーゼやアミラーゼがたくさん含まれているため、脂肪や炭水化物の分解の効率化を図ることが出来ます。

 

そして緑黄色野菜は抗酸化作用があるため、血管や細胞の老化対策をしていくことが出来るため、内臓脂肪が蓄積されることによって生じやすい動脈硬化対策をすることが可能になります。さらに里芋やごぼうなどのような根菜は、たくさん食物繊維が含まれているため、脂肪の吸収を防ぎやすくなったり腸内環境を整えていくことが期待出来るのです。

 

そして果物というのはカリウムや食物繊維、ビタミンCがたくさん含まれているものがとても多いですので、消化のサポートや太りにくい体質にしていきやすくなります。更に言えば果物は甘いですが砂糖ではなく果糖が含まれていますので、血糖値を一気に上げにくいという特徴を持っていることも健康にいいと言われている所以です。

 

さらに果糖の10%前後はブドウ糖になります。ブドウ糖として変化するとインスリンがなくてはなりませんが、後の90%ほどは肝臓によって代謝されるためインスリンをそこまで分泌しなくてもいいのです。そのため生活習慣病対策としてもいいと言われているのですが、それでも夜に食べてしまうと体に負担をかけやすいですから朝食として食べるのが望ましいでしょう。